仏教壮年会連盟 活動方針・事業計画

2019年度 仏教壮年会連盟 活動方針・事業計画

1.スローガン

  ともに聞き まことのよろこびを伝えよう

 

2.活 動 方 針

伝灯奉告法要のご親教「念仏者の生き方」の意を体し、「仏教壮年会連盟綱領」の精神に則り積極的な活動を展開する中で、社会の諸問題に関心を持ち、念仏者としての行動を起こし、全寺院において仏教壮年の活動を実践する。

 

3.重 点 目 標

(1) 既存の寺院仏壮の活性化に積極的に取り組む。

(2)「寺院仏壮」50%以上、「組連盟」全組結成をめざす。

(3) 子ども・若者へのご縁づくりや、各教化団体との積極的な交流をはかる。

(4) 連盟、教区(特区)連盟及び組連盟並びに寺院仏壮間の連絡を密に行い、

  連盟事業が円滑に行われるよう、連区連絡協議会の充実をはかる。

(5) 被災地、被災者への継続的支援活動を実施すると共に、災害に対する意識啓発を行う。 

(6) 御同朋の社会をめざす運動(実践運動)に積極的に取り組む。

(7) 2023年に親鸞聖人ご誕生850年ならびに立教開宗800年の慶讃法要を

  お迎えするにあたり、各教化団体と連携のもと準備を進める。

 

4.事業計画 

T.各種委員会所掌事項

(1)組織拡充委員会

 @教区(特区)連盟開催の研修会を助成する

 A寺院仏壮・組仏壮結成を奨励し、組織拡充につとめる

 B次世代の仏壮活動参画へのはたらきかけ

 C退会・休会単位会へのはたらきかけ

 D寺院・組・教区他団体との交流及び連携について

(2)研修委員会

 @仏教壮年会連盟結成10周年記念研修会の実施

 A連盟主催の新規研修会について検討する

 B過去中央研修会修了者を対象とした本願寺念仏奉仕団の実施

(3)広報委員会

 @機関誌「朋友」を発刊する

 A教区(特区)連盟、組連盟及び寺院仏壮で活用できる情報発信する

 Bホームページを活用する

(4)教材委員会                           

 @新規教材に関すること

 A教材の普及促進について

 

U.連盟、教区(特区)連盟及び組連盟として推進する事項

(1) 被災地への復興活動に継続的に取り組むとともに、

  災害への具体的対策を話し合うなど意識啓発を行う。

(2) 子ども・若者へのご縁づくりに積極的に参画するとともに、仏教婦人会を

  はじめ諸団体との連携した活動にも取り組む。

(3)『朋友―浄土真宗入門のてびき―』、『本願寺新報』、『大乗』及び

  『季刊せいてん』の購読促進と普及・活用に取り組む。

(4) 寺院仏壮結成に向けて、研修会が教区(特区)及び組において開催されるよう

  取り組む。

(5) 特定非営利活動法人「JIPPO」の活動に参画する。

(6) ダーナ活動に積極的に取り組む。

(7) ビハーラ活動に積極的に取り組む。

(8) 「第39回 千鳥ヶ淵全戦没者追悼法要」〔2019年9月18日(水)〕への

  参拝を奨励する。

(9) 慶弔規程についての周知をはかるとともに活用をすすめる。

(10) 貧困の克服へ向けて取り組む。

(11) その他必要なこと。

 

V.会員の生活実践を通して推進すること

(1) 帰敬式を受式し、門徒としての自覚を持つ。

(2)「浄土真宗の教章(私の歩む道)」のお心を味わい、お念仏の生活を送る。

(3) 次世代への伝承につとめる。

 @ 家族とともに仏さまにお参りをする。

 A 法要行事に家族そろって参加する。

 B 実家を離れた子や孫に、ご本尊「いちょう」「きく」等を贈り、信仰生活の

   環境作りを支援する。

 C 「食事の言葉」の周知に取り組む。

(4) 寺院での初参式・成人式・仏前結婚式等の行事を奨励する。

 

5.連盟における行事計画【予定】

(1) 評議員会   2020年2月8日〜9日

(2) 理事会    未定

(3) 各種委員会  組織拡充委員会、研修委員会、広報委員会、教材委員会

(4) 講師会    未定

(5) 仏教壮年会連盟結成10周年記念研修会  2020年2月9日〜11日

 

                                   以 上

★H31仏壮連盟事業計画.docx